アートメイクについて

赤い爪と花

アートメイクとは眉毛や目尻に針で色素を注入する事で普段のメイクを楽にしたり、洗顔でメイクを落としてもメイクをしている様に見えるのでとても人気があります。 しかし、近年医師免許を持っていない人がエステサロンなどでアートメイクの施術を行っているというトラブルが増えています。皮膚に針を刺しますので、きちんとした知識を持った人が施術をしないと、ばい菌が入って膿んでしまったり、皮膚がただれたりしてしまう事がありますので、アートメイクをする時にはかならず医師免許を持っている人に施術をして貰いましょう。 悪徳なエステサロンではまるで化粧の延長戦上にアートメイクがあるかの様な気軽なイメージで勧誘をしてくる所もありますので注意しましょう。

眉毛や目元に色素を入れて洗っても色が落ちない様にするアートメイクはとても人気があります。アートメイクは刺青ではありませんので、一度色を入れたからといって一生色が落ちない訳ではありません。皮膚の薄い部分に色を入れるだけですので、数年で色は落ちてしまいます。 アートメイクをする時の注意点としては、眉毛でもアイラインでもしっかりと入れすぎないという事です。メイクをする時に自分で少し足す位にしておくと、眉毛の形を変えたい時やメイクの雰囲気を変えたい時に簡単にイメージチェンジをする事が出来ます。 色を入れてしまった方が簡単だからと、その時の希望の形のまま色を入れてしまうとアレンジが出来なくなってしまうので注意しましょう。